書類ダウンロード 広報ツールダウンロード
HOME  ガイドラインでできること
経営者保証に関する ガイドラインでできること
ガイドラインでできること
一定の経営状況をクリアすれば、経営者保証の解除や
保証債務履行時に必要な生計費や自宅を手元に残せる可能性があります。
【新規借入時・既存保証契約見直し時】
経営者保証なしで新規融資を受けることができる可能性があります。
経営者保証の解除ができる可能性があります。
【中小企業に求められる経営状況】
  • 01
    法人と個人の
    分離
  • 02
    財務基盤の
    強化
  • 03
    適時適切な
    情報開示
【新規借入時・既存保証契約見直し時】
必要な生計費や自宅を手元に残せる可能性があります。
引き続き経営に携わったり、再起を図れる可能性があります。