経営者保証に関する
ガイドライン

知っていますか?

経営者保証なしで新規融資が受けられる可能性も!

01

経営者保証に関するガイドライン
何ができるの?

  • 1 経営者保証なしで新規融資 経営者保証なしで新規融資

    経営者保証なしで
    新規融資

  • 2 経営者保証の解除 経営者保証の解除

    経営者保証の
    解除

  • 3 倒産後に生計費や自宅を手元に残せる 倒産後に生計費や自宅を手元に残せる

    倒産後に生計費や
    自宅を手元に残せる

一定の経営状況をクリアすれば、
このようなことが可能に!

02

どんな人が対象になるのか、
簡単に教えて。

  • CASE01

    主債務者が
    中小企業

  • CASE02

    保証人が個人かつ
    主債務者である
    中小企業の経営者等

  • CASE03

    弁済に誠実で、
    財産状況等を適切に
    開示
    している

  • CASE04

    主債務者と保証人が
    反社会勢力でない

03

どんな時に活用できるの?

どんな人が対象になるのか、
簡単に教えて。

  • CASE01

    新たに借り入れ
    したいとき

  • CASE02

    事業承継
    するとき

  • CASE03

    保証債務を整理
    するとき

  • CASE04

    廃業
    するとき

04

でも、ガイドラインの申請って
大変そう・・・。

心配しなくても大丈夫です。
無料で弁護士等の専門家を
派遣
できます!

保証契約の見直しを希望する方や保証債務の整理についてお悩みの方に、
弁護士や税理士、公認会計士といった専門家を無料で派遣し、
お悩みの解消に向けたアドバイスを行う専門家派遣事業を実施しています。

少しでも気になったら、
まずはお気軽にご相談ください。